読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥さんのぼやきブログ

夜型主婦。雑記を書いてます。同じようなことをいつも考えてるので似たような日記を書くかもしれません。

正統派の歴史アニメがあってもいいと思う

CSのヒストリーチャンネルで、まんが日本史という番組が現在放映されています。

まんが日本史 (日本テレビ) - Wikipedia

わたしは歴史好きなので、番組表でヒストリーチャンネル欄も確認していますが、この番組、前から気になっていました。

ある日、意を決して、この番組を見てみることに決めたんです。

教科書に載っているような実際のできごとを、わかりやすくアニメで解説してくれるような内容でした。

図書館の児童書コーナーにある、学習まんがのアニメ版とでもいいましょうか。

ヒストリーチャンネルでは30分番組の二本立てで1時間の構成になっていますが、結構見入っちゃったので1時間があっという間でした。

エンディングテーマ曲はサーカスの「風のメルヘン」です。初めて聞きましたが、しっとりとした歌謡曲でした。

この曲がまた、しみじみとしていいんですよね。


歴史の授業に取り入れても良さそうなアニメだと思いました。

まんが日本史』(まんがにほんし)は、1983年4月3日から1984年4月8日まで毎週日曜日午前10:30~同11:00の枠にて日本テレビ系列で放送されたテレビアニメである。(Wikipediaより)

調べてみたら、30年以上前のアニメなんですね。

縄文時代〜幕末までの内容が、1年かけて放映されていたようです。



学校でみるような歴史アニメを日曜日まで見たいと思うかどうかは別として、こういう正統派の学習アニメが民放で放映されていたことが意外でした。

わたし、小学生の頃、歴史の学習まんがシリーズ好きで、よく学校の図書館で借りてたんですよねえ。

わたしが好きだったのは日本史よりも海外の偉人伝でした。図書館で借りるのに飽き足らず、買ってもらった記憶があります。

わたしが生まれる前に番組が終わってしまっているのでリアルタイムで見ることはできませんでしたが、小学生の頃にリアルタイムでやっていたら見ていたかもしれません。

時間をとって見るというよりは、チャンネルをザッピングしてやってたら見る、って感じでしょうか。

もしかして、日曜日の午前中に放映されていたのは、「ザッピングしてやってたら見る」という子どもがターゲットだったのかもしれませんね。

ところで、歴史ものや偉人がテーマのドラマやまんが、小説、ゲームなどはいろいろありますが、大人向けの作品がかなり多い印象があります。


子ども向けの歴史ものがあれば、子どもたちがもっと歴史に興味を持ってくれるんじゃないでしょうか。


お読みくださりありがとうございました(^^)