読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥さんのぼやきブログ

夜型主婦。雑記を書いてます。同じようなことをいつも考えてるので似たような日記を書くかもしれません。

はみ出し者の居場所について考える

インターネット ブログ 日常

君は真面目過ぎる。 - いばや通信

私はこの坂爪さんのブログがすきで、いつも励まされている。同郷の人というのもうれしい。

ちょくちょく帰ってきてるようで、しかも地元でイベントもやってるようで、ぜひ一度お会いしてみたいものだけれど、なかなか踏み出せない。


世間一般で「変わっている」とされている方に憧れていて、そういう方と仲良くなりたい、気に入られたい、と思っていたわたくし(今も憧れているし仲良くなりたいけど)。

坂爪さんは、一般的には変わっている人に属すると思う。そして、ブログ内ではいろいろな葛藤をしながらも、自分の気持に正直な行動をしているように見える。

そんな正直で感謝しながら生きている生姿が、人のこころを捉えるんだろうなぁ。

坂爪さんのように、葛藤をしながらも正直な行動をする、って憧れる。

確かにこの人のライフスタイルは一般的ではないし、やる勇気もないけれど、「自分に素直で、正直な行動」は生活に取り入れていきたい。


そして、この回のテーマ、「居場所」。
よく、いろんなところで「居場所」という触れ込みを耳にする。

地域でのつながりが薄くなって、お隣さんの名前も知らない現代。

隣近所や町内でのつきあいが少なくなって、会社内がそれに変わって、いまはそれも薄くなっている。

サザエさんなんて時代劇だもんなぁ、今や。

今だったら学生時代からの仲良しグループ、ママさんグループ、とかそんな感じか。


それはそれで、ずいぶん気楽でいい。


とはいえ、居場所がこれだけあって、どこのコミュニティでも馴染みにくい、はみ出し者が集うということは、みんな、自分らしくいられる場所で繋がっていたいんだと思う。


坂爪さんのいう、「いば小」ができたらぜひ足を運んでみたい。今気づいたけど、居場所とかかってるな。

この人のブログがみんなに読まれて、トークショーにも人が集まるのって、
居場所とかフリースクールを運営している人とお話して「やります!って言えばできるんですか?」って気軽に言えちゃう坂爪さんの正直さに、惹かれてお会いしてみたいな、と思う人が多いからじゃないかな、とさっきブログを見返しておもった。


本日もお読みくださりありがとうございました(^^)