読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥さんのぼやきブログ

夜型主婦。雑記を書いてます。同じようなことをいつも考えてるので似たような日記を書くかもしれません。

アメリカズネクストトップモデル最終回

アメリカズネクストトップモデルのシーズン22の優勝者がついに決まった。(放送されてから1週間も経ってますが…)

アメリカズ・ネクスト・トップ・モデル シーズン22 |FOX|FOX ネットワークス



今回は男女1人ずつのトップを決めて、そのどちらかが優勝するという仕組みだった。本来は1対1の決勝戦のようです。


最終回に男女別の決勝と優勝決定戦の2回放送したせいか、最後のランウェイ場面の放送がちょっと押していた印象なのが正直残念だった。



男性はナイルとマイキー、女性はマメとレイシーの戦い。
女性陣の優勝決定戦は予想通り。


結局優勝争いはナイルとマメ。
マメは最初から高評価で、絶対に決勝に残ると思っていた。
実際にどこかのコレクションに出演してるんじゃないかってレベル。




シンガポール版もそうだったけれど、決勝では講評で持ち上げて持ち上げて落とすっていうのがなんだかなぁ。



ナイルはもう、ほんっとにかっこいい。イケメンって言葉で片付けるのが申し訳ないレベル。見た目だけでなく落ち着いていて頭良さそうで真面目。シーズン途中で弾けてからはイケメン度合いが増したように思う。(実際、その頃から成績も上位をキープし出した)



優勝者は世界中のnylonマガジンの表紙に写真が使われるという特典があって、ぜひ日本版を入手したいと考えているけれど、もうバックナンバーになってるだろうなぁ。イケメン過ぎて自宅に置いておくの照れるなw





そして、男女がひとつ屋根の下で共同生活をすると必然的にカップルが1組はできる。

そのへんの複雑な人間関係もアメリカ版の見どころのひとつ。



ナイルと決勝を争ったマイキーは女好きだった。仲良くなった女性候補者がいなくなると、すぐに別の候補者と良い感じになる。
6年付き合った彼女と別れてからは特定の相手を作らないことにしたらしい。


特定の相手を作れない人が強がって言うのではなく、作ろうと思えばいくらでも作れるところがすごい。


ただし、特定の相手がいたり、別の男性候補者と良い感じの女性候補者には手を出さなかったのが彼の良いところ。



マメは途中で脱落したジャスティンと番組内で交際していた。ジャスティンが脱落して、少しの間落ち込んでいたけれどすぐにマイキーといい感じになってたw


決勝戦は今までの候補者が再び登場して、決勝に残った2人と一緒にランウェイを歩くという内容。


マメとマイキーといい感じな様子を知っていたデヴィンがジャスティンにそれを言ったらしく顔を合わせたらいきなり険悪に………



ただでさえプレッシャーがかかる決勝直前のイザコザ。


最後には仲直りを果たしたようで一応めでたしめでたし。





さて、この候補者たち、元々何してる人達だったんだろう。


シンガポール版に出ていた候補者は全員本国でもモデルだったけれど
アメリカ版では、モデル経験が多少あっても、全員がモデルというわけではなかった。


序盤と敗者復活戦に出演した男性候補者・ダスティンは卒業間際の高校生で、デヴィンはモデル歴7年という情報しかなかった。

アメリカの会社の制度が一般的にどうなっているかわからないけど2、3ヶ月は拘束されていただろうし、休職もしくは休学?

でも本気でモデルになりたいって考えてる人達なら大学や会社を辞めてくるような気がする。

この番組で優勝やら上位入賞(?)しなくともシーズン中盤でアパレル会社と契約に至った候補者が何名もいたから、現在モデルとして活躍してる候補者もいるのではないか。



アメリカにしてもアジアにしても優勝者が決まり、毎週日曜夜のお楽しみが一区切りついた。
どうやらUKとオーストラリアでもリメイク番組が制作されているらしい。それも見てみたい。


オーディション番組とはいっても、異国のことだから海外ドラマの延長で楽しめた。


さて、明日はフジロック
全く準備をしてないから今日は準備をすることにする。


本日もお読みくださりありがとうございました(^ ^)