読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥さんのぼやきブログ

夜型主婦。雑記を書いてます。同じようなことをいつも考えてるので似たような日記を書くかもしれません。

トップモデル、決まる

テレビ 生活 社会

1週間以上経ってしまったけれど、foxチャンネルで放送のアジアズネクストトップモデルのシーズン4が、アメリカ版に先駆けて最終回を迎えた。

アジアズ・ネクスト・トップ・モデル シーズン4|FOX|FOX ネットワークス



最終回=優勝者決定戦。

今回の決勝戦は
インドネシア代表・パトリシア
韓国代表・サンイン
タイ代表・タワン。


決勝戦は候補者がフィリピンのオートクチュールデザイナーの服を着た写真の課題点とランウェイでのポイントを合わせた結果で決まる。フィリピンのオートクチュールデザイナー、というのはもしかしたら記憶違いかも。


先に結果を言ってしまうと、今シーズンの優勝者はタワン。

ずっと可愛いイメージだったけれど、ナチュラル美人やゴージャス美人でもイケる!子猫が虎になった!という講評。

パトリシアが後半ずっと好調で審査員ウケもかなり良かったこともあり、パトリシアかなーと思っていた。
最終回の講評場面でも、大手モデルエージェンシーの担当の女性と番組のホスト役のシンディに「あなたは世界で活躍するトップモデルの風格がすでにあるわ!」なんて言われていたから。
ランウェイでの歩き方が上手で、背の低さを感じさせない、とか。


オリエンタル美人で欧米ウケ良さそうだし。

オールマイティ。



個人的にはタワンは課題をこなしている時以外のシーンやUSJではしゃいでる様子を見て、最後まで可愛いイメージだった。
髪を切った後、前田あっちゃんに似てる!と思ってから可愛いイメージが定着してしまったのかもしれない。 でも、そんな可愛らしいところが彼女の魅力だと思う。


サンインはランウェイでの失敗が響いてしまった。
彼女も実力が安定していて基本的に上位だった。もともとモード系が得意らしく、「装苑」あたりの雑誌に出てそうな雰囲気でオシャレだった。


優勝者はタワン1人だったけれど、パトリシアもサンインも今後も是非活躍してほしいもの。

優勝できるできないに関わらず、ネクストトップモデルの番組にアジア各国から出演して上位に残るような候補者は活躍の幅広いだろうなぁ。ネクストトップモデルの番組を買いかぶりすぎだろうか。


来週は本家・アメリカズネクストトップモデルの最終回。

アメリカズ・ネクスト・トップ・モデル シーズン22 |FOX|FOX ネットワークス


男女2人ずつの決勝。まず男女1人ずつの争いで性別別の優勝者を決めて、その勝者同士で真の優勝者が決まる。
アメリカズネクストトップモデルは今シーズン初めて見たけれど、このような決勝は史上初めてだという。
本家アメリカの決勝の様子が本当にたのしみ。


本日もお読みくださりありがとうございました(^ ^)