読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥さんのぼやきブログ

夜型主婦。雑記を書いてます。同じようなことをいつも考えてるので似たような日記を書くかもしれません。

きょうだいについて

<仕事と育児>4人家族幻想が生む2人目不妊の重圧
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160207-00000004-mai-bus_all

わたしは一人っ子。

小さい頃は近所に住んでいた幼馴染に、皆年の近い兄弟・姉妹がいて、楽しそうですごくうらやましかった。
家でも遊んでもらえるし…

学生時代は、特に思わなかったけれど
大人になってやっぱりきょうだいが欲しかったなと思う。

うちの親は恐らく過保護・過干渉気味だと思っている。
というより、だいぶ心配をかけたというべきか。
それは、わたしが一人っ子だったからという理由とは限らないけれど。

小さい頃から変わった子供で熱しやすく冷めやすくなんにも続かず、ちょっと具合が悪いと無理をせずすぐに休み、手先が不器用で、目が離せなかったからというのもあるかもしれない。
中学生のときに神経性頻尿になったことで、昔から心療内科にはたびたびお世話になってることもきっと関係がある。大人になってからはてんかん持ちで発達障害が発覚。(悲しくなってきた…)


最近、きょうだいがいることがうらやましかったのは結婚するってなったとき。

夫も長男のため自分が嫁入り、となったときにうちの家系はどうするのかと聞かれた。
夫と付き合ってすぐに、一人暮らしの彼の家にお泊まりの延長線上で同棲したため、婚約から入籍するまでの半年間は実家に帰っていて、実家のタブレットでインターネットを利用したら、夫婦別姓という履歴が……

これについては、実家の隣に住む祖父母とうちの両親との間の家族会議で議論になったそうで。
家族会議、昔から自分は不参加w
都合が悪かったからではなく最初から頭数に入ってなかった。
婿入りについても話が出たようで。

商売もしてないというのになんという時代遅れな、と憤慨した。

なんやかんやで嫁入りできることになり、今に至るのだが
そのときは切実にきょうだいがいて欲しかった。
苗字を残したいならきょうだいをもう1人作ればよかったじゃないか
…ってことを記事をみて思い出した。



ほんとに、子供問題はデリケートな問題だと思う。

うちは諸事情により結婚1年半でまだ始めてないけど、「子供はまだ?」と、特に子持ちの方からとてもよく聞かれる。

結構ストレス。

でも、子供生まれたら生まれたで2人目のことが聞かれたりして、それはそれでストレスってことをこの記事で知った。

いま考えると、うちの親も、きっと2人目は?ってしょっちゅう聞かれてたんだろうな…切なかったかもな…

自分でも、もしかしたらお子さんいる方に気軽な気持ちで聞いていたかも。
これを機に、反省しよう。